よくあるお問い合わせ


図書館内で飲食や喫煙はできますか?


図書館内は全て禁煙です。
館内には食事をとれる場所はありませんので、食事はご遠慮願います。

■飲料の持ち込みについて


館内には冷水機や自動販売機はありません。このため飲料の持ち込みができます。
飲料を持ち込む際は、

1. 水筒やペットボトルなど、ふたがあり完全に密閉できる容器に入ったものでお願いします。
2. 3階閲覧室の自席でのみお飲みください
3. 飲み終えた容器は必ずお持ち帰りください。

階閲覧席の自席以外の場所や他のフロアや書架内には飲料は持ち込まないでください。
プルトップ式缶飲料・紙コップ・紙パックの飲料の持ち込みはご遠慮ください。
ごみ箱はありません。次の方が気持ち良く利用できるよう環境維持にご協力をお願いします。
アーニス分館のITデスクやAVブースは、パソコンやAV機器があるため飲食はご遠慮ください。

借りた本を汚してしまいました。どうすればいいですか?


図書館の資料は市民の皆さまの共有財産です。
書き込みや切り抜きなどをされると図書館の資料として利用できなくなり廃棄せざるを得なくなります。
市民の皆さまに末永くご愛読いただけるよう、資料を大切にご利用願います。

資料を破損した場合、修復は図書館で行います。そのままの状態でお持ちになり返却時にカウンターでお申し出ください。
資料を破損・汚損し利用に供することができなくなった場合は、弁償をお願いすることになります。

詳しくは図書館までご相談ください。

借りた本を失くしてしまいました。どうすればいいですか?


資料を失くされたときは、まず図書館にご相談ください。
図書館資料を紛失された場合は、原則として弁償をお願いすることになります。


弁償は、紛失されたものと同じ資料を利用者が書店等で購入されて図書館にお持ちいただくことになります。
ただし、すでに絶版・廃刊等で入手できない場合は同等の価格の本を図書館で選定しご連絡します。

なお、現金での弁償は出来ません。


資料を寄贈したいのですが?


図書館に資料を寄贈される方は、事前にお電話等でご連絡ください。

寄贈資料についても「登別市立図書館資料収集方針」に基づき選書させていただきます。その結果、お断りせざるを得ないこともあります。
あらかじめご了承ください。

受贈後の取扱いについては、図書館におまかせいただきます。
資料の返却、処理状況(受入の可否)についてのお問い合わせには応じかねます。
図書館資料として所蔵しない場合は、市内の学校や施設へ寄贈したり、リサイクル市や一箱古本市で利用者に提供するなどして活用させていただきます。


■登別市に係わる資料は積極的にお受けします


登別市に係わる資料、登別市ゆかりの人の著作物や資料、登別市民・団体等の著作や刊行物については資料の形態を問わず積極的にお受けします。


■お受けできない資料

・汚れや傷み・書き込み・切り抜きなど状態の劣悪な資料
・市販の映像資料(ビデオ・DVDなど)は著作権法上の制約があるためお受けできません。
・個人が複製・録音した資料

特別整理期間では何をしているのですか?


特別整理期間は「蔵書点検」とも言い、こぐま号や配本所を含めた登別市立図書館が所蔵する全ての資料(本や雑誌・視聴覚資料)について、資料があるべき場所に収まっているかどうか確認し、行方不明の本がないか点検する作業をします。
そして資料の所蔵場所とデータ上の所蔵場所が一致するようにします。また図書をきちんと請求記号のとおりに並べ直す作業も行います。
これらによりお客様がお探しの資料をご用意することが容易になります。
また探しても見つからない紛失資料も判明し、蔵書状況を正確に把握できるようになります。
この他に、利用状況に合わせた資料蔵書の適正化、書架レイアウトの見直しなどの環境整備、暖房器具など施設設備の点検・修繕を行います。

このように図書館を快適にご利用していただくうえで欠かすことのできない作業ですので、ご利用者の皆さまにはご不便をおかけしますがご理解とご協力をお願いします。


資料検索中に「ページの有効期限切れ」という表示が出ますが?

セキュリティ上の設定によるものです。
「西いぶり広域図書館」で資料検索をする場合は、ブラウザの「戻る」ボタンは使わず、ホームページ内の「検索結果一覧」などのリンクを使ってページ遷移してください。

この「警告:ページの有効期限切れ」が表示された場合は、指示に従いツールバーの「更新」ボタンをクリックするか、キーボードの【F5】キーを押してください。ページが再表示されます。

自分が以前借りた資料を調べたいのですが?

個人情報保護のため、貸出の履歴が残らないようになっています。

利用者が資料を返却されますと貸出記録は消去されます。
ご自分の読書記録を残したい方は、貸出時にお渡しする「レシート」を保管するなどご活用ください。

図書館協議会とはなんですか?


図書館協議会とは、図書館の運営に関し館長の諮問に応じるとともに、図書館の行う図書館奉仕につき、館長に意見を述べる機関です(図書館法第14条)。
登別市立図書館協議会は、学校教育や社会教育・家庭教育の関係者・学識経験者から構成されています(登別市立図書館条例第7条)。

登別市立図書館では委員の一般公募も行っています。図書館に関心を持つ市民の方の参加を募っています。
図書館協議会委員の募集要項は「広報のぼりべつ」や「図書館通信」・図書館ホームページなどでお知らせしています。

なお、図書館協議会は公開していますので一般の方も傍聴することができます。協議会の開催日時も図書館ホームページや館内のポスターでお知らせしています。

また協議会の会議録は図書館ホームページにも掲載しています。こちらからご覧ください。


室蘭や伊達の本を予約し登別で受取りたいのですが何日くらいかかりますか?


室蘭市と伊達市の図書館に在架状態の資料を予約して登別市立図書館で受け取る場合ですが、現在「西いぶり広域図書館」の3市間の資料搬送は、週1回、主として木曜日に3市の公用車により行っています。このため、予約した曜日によってご用意できる日数が違ってきます。早ければ2日程度、通常は1週間程度、場合によってはそれ以上かかることもあります。

登別市の各配本所でのお受け取りの場合、本館でのお受け取りよりもさらに1日から2日程度、休館日をはさむと数日かかる場合があります。
お急ぎの場合やご不明な点がありましたら、図書館までお問い合わせください。

※なお、データ上は「利用可」の表示になっていても実際には現物が書架に無く、すぐには提供できない場合もあります。ご承知おき願います。

同じ本なのにデータが2つあるのですが?


「西いぶり広域図書館」は、登別・室蘭・伊達の3市の図書館の書誌蔵書データをひとつの図書館情報システムに統合したものです。
統合前は市によって異なる図書館情報システムを採用しており、この3市のデータをまったく別の新しい図書館情報システムに移行・集約しました。
書誌データを図書館情報システムに取り込む際、そのシステムによって独自の記述仕様にデータが変換されます。
このため、このデータの記述仕様の違いから書誌データをひとつに統合することができず、
同一の資料であっても書誌データが複数ある場合があります。ご了承ください。


湯治で滞在していますが利用者カードを作れますか?


「利用者カード」を発行します。こちらのチラシをご覧ください。(PDF)

登別温泉にある「登別温泉ふれあいセンター」の中には、図書館の「登別温泉配本所」があります。配本所には一般書(小説やエッセイ、実用書)や児童書・絵本などがあります。どうぞご利用ください。
登別温泉配本所(登別温泉ふれあいセンター内)